耳鼻咽喉科

jibi_img_1
耳、鼻、のどはそれぞれ密接した関係を持っています

当クリニックの耳鼻咽喉科では、耳、鼻、咽喉頭・頸部における疾患の治療を行っております。
耳、鼻、のどは、身体の中でつながっていて、互いに密接な関係にありますので、耳が悪くても鼻に原因があるという事もあります。原因をはっきりさせ、適切な治療を行っていきましょう。
「耳」「鼻」「のど」の事で少しでも気になることがございましたら、何でもご相談ください。
また、補聴器の相談や睡眠時無呼吸症候群の診断・治療も随時行っておりますので、お気軽にご相談ください。

診療可能な疾患

みみの病気

・めまい
・耳鳴り
・難聴
・耳の痛み、かゆみ
・耳だれ
・耳垢
・補聴器の相談 など

はなの病気

・くしゃみ
・はなみず
・鼻づまり
・花粉症
・アレルギー性鼻炎
・鼻血
・においの異常 など

のど・くちの病気

・のどや扁桃腺の腫れ、
 痛み、かゆみ
・飲みこみの異常
・声がれ
・味覚がおかしい
・口内炎
・いびき、睡眠時無呼吸
など

かお・くびの病気

・顔の麻痺、しびれ
・首のしこり、腫れ
・顎下腺や耳下腺の異常
など

当クリニックで行える検査

鈍音聴力検査 聴力検査の中で、最も基本的で重要な検査です。どのくらい小さな音が聞こえるかを検査します。語音聴力検査
語音聴力検査 検査する語音(「あ」や「い」など)が、どの程度の音量だと何%正しく聞こえるかを検査します。
ティンバノメトリ 鼓膜の動きを測定する検査です。
耳処置用顕微鏡 直接目では見えにくい鼓膜の状態などを調べます。
鼻用硬性内視鏡 鼻の中の状態を細かく確認することができます。鼻の手術にも用いられます。
喉頭ファイバー 細くて軟らかいファイバースコープで、鼻やのどの奥まで観察ができます。
レントゲン 耳や鼻のレントゲンを用いることで、より細かい診断が可能になります。
フレンツェル眼鏡 眼球の動きを測定する検査機で、めまいなどの診断が可能です。
アプノモニター 睡眠時の呼吸の状態を調べる検査器です。睡眠時無呼吸症候群の検査に用いられます。
呼吸機能検査 肺活量や鼻腔抵抗など、呼吸器の状態を調べる検査です。
アレルギー検査 採血を行い、アレルゲンに反応する抗体が体内にあるかどうかを調べる検査です。アレルギー性鼻炎の検査に用いられます。
迅速検査 鼻の中に綿棒を差し入れて検査をする方法で、迅速にインフルエンザ、アデノウィルス、溶連菌等の診断をすることができます。
重心動揺計検査 めまい検査のひとつで、からだのふらつき具合を調べます。検査台の上に乗っていただき、開眼・閉眼時の体の揺れを測定します。


————————————————–
※Bスポット治療をご希望の方へ
Bスポットとは鼻とのどの間にある、のどちんこの裏側、子どもの頃にアデノイドがあった場所のことです。
そこに、口の中から器具を用いて塩化亜鉛溶液を塗布する方法がBスポット療法です。
塗った後にしばらく続くヒリヒリ感を我慢して頂ければ、その後は爽快感が訪れ、免疫機能力の向上によって、様々な疾患の改善効果が期待できます。
この療法は実は古くからあり、東京医科歯科大学の元教授であった堀口申作先生が考案されたものです。
Bスポット療法で期待できる効果
(1)咽頭炎(のど風邪)
(2)鼻づまり
(3)頭が重い感じ、肩こり
(4)その他、アレルギー性鼻炎、掌蹠膿疱症、アトピー、喘息などに効果があるという報告もあります。
薬を塗る際、瞬間的に痛いです。
また、塗った後もしばらくヒリヒリと痛みがありますが、これが効いていることの表れでもあります。
上記をご理解頂いた上で、治療をご希望される場合は、医師に「Bスポット治療を希望します」とお伝えください。